読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

片桐みかんの日記

感じた事や、伝えたい事をおもいつくまま書いてます。

賢人の知恵からー人とのつきあいー

こんにちは。

今日は休みで、朝は8時過ぎに起き、昼ごはんを用意しました。

なぜ、昼ごはん?主人も息子も遅くにしか食べないからです。私は食パンを一枚とサラダの残りを朝ごはんにしました。

今日は、「賢人の知恵」と言う本の中から紹介したいと思います。

 好ましい人とつきあう

   もののわかった人は高潔な人とつきあい、見栄だけで行動するような人を避け

   る。何かしら得るところや、学べるところのある人とつきあおう。相手から学

   び、お互いの知識や意見を交換する場にしていこう。

 人を見きわめる

   人生で大切なことは、植物や岩の構造を証明することより、人の中身を理解する

   ことだ。人を、その話す内容で判断しよう。また言葉だけではなく、行動を見れ

           ばその人の真価がわかる。

優れた人とつきあう

   人は、誰と一緒にいるかで判断される。敬愛される立派な人と行動をともにし

   ていれば、その威光のおかげで、こちらまで輝いて見えるのだ。

 

著者 バルタザール・グライアン

 17世紀のスペインで活躍した著述家であり、イエズス会の修道士。

 

ちょっと好奇心  

17世紀の世界は?

日本では、江戸幕府の成立。 フランスでは、ルイ14世の世紀。ベルサイユ宮殿が建てられた。アイザック・ニュートンニュートン力学を構築。

今は21世紀。ずーと以前に書かれた本が今の時代でも、変わらず、共通することが多いと思いました。江戸時代の人も、現代人も話せば分かり合えるのかもしれない。いつの時代も良い人、悪い人はいるんですね。

今日は久しぶりにジムにも行きました。明日?明後日?筋肉痛が怖いです。

メインクーンのワトソン君のブラッシングをしたら、抜け毛がすごかったです。主人はワトソン君に「椿三十郎」とあだ名をつけました。毛のせいかしら?妙にはまったあだ名にクスッと笑ってしまいました。

今日もブログを読んで下さりありがとうございました。