片桐みかんの日記

感じた事や、伝えたい事をおもいつくまま書いてます。

禅の言葉

「けじめをつける」禅の言葉

こんばんは。 今日は、禅、シンプル生活のすすめ 枡野俊明 三笠書房の中から紹介します。 心のなかに「けじめ」という門をつくる 心のなかに自分なりの「門」をつくっておいてください。 たとえば、マンションの敷地が第一の門。この門を抜ければ少し仕事の…

「しなやかな心をもつ」禅の言葉

こんばんは。 今日は、禅、シンプル生活のすすめ 枡野俊明 三笠書房の中から紹介します。 強い心とは、しなやかな心 人に批判されると、すぐに傷ついてしまう。嫌なことがあると、ずっと頭から離れない。そんな傷つきやすい心、弱い心をを変えるためにはどう…

自分を信じる!禅の言葉

こんばんわ。 今日は、禅、シンプル生活のすすめ 枡野俊明 三笠書房の中から紹介します。 本来無一物(ほんらいむいちもつ) 人は皆、裸で生まれてきます。つまり、何も持っていない。まさに無一物。 しかし反対側から見れば、何ももっていないからこそ、無…

花が咲くように生きていく!

こんにちは。 今日は夜勤明けでした。 今朝はナースコールに追われ、眠気も吹っ飛び、終わると疲れが一気に押し寄せました。買い物をしながらも頭が働かず、買わないといけないものは買い忘れました。 母に昼ごはんを作ってと言うと、「弁当が来ると思ってい…

ジタバタしない生き方

こんにちは。 今朝は7時に起き、障子紙の張替え、扇風機の掃除、洗面所の掃除と張り切って頑張りました。 まだまだやることはありますが、今日はこのくらいにして、せっかくの休みなので自分の好きなこともしたいと思っています。 今日は、動じない心をつく…

「もう一つの心」禅の言葉から

おはようございます。 今朝は風が涼しくて心地よかったです。やっと秋の気配を感じた気がします。 今日は「動じない心をつくる禅の言葉 植西聰 成美文庫から紹介します。 わが心秋月に似たり 碧潭(へきたん)清うして皎潔(こうけつ)たり 物の比倫(ひりん…

「お守り」のもつ意味

おはようございます。 今朝は子供会の資源回収があるので、母と二人で、アルミ缶、新聞、段ボールを出しました。少し動いただけなのに、汗が額から流れ落ちました。お化粧前で良かったと思いました。 今日は「禅、シンプル生活のすすめ」枡野俊明 三笠書房の…

無理をしていませんか?

こんばんは。 今日も残者が厳しかったですね。 今日は「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 植西聰 三笠書房の中から紹介します。 「無理をしている自分」に疲れてきたときに 柳は緑花は紅真面目 これは、「春になると、柳は緑色の葉を芽吹き、花は赤く咲…

雨奇精好(うきせいこう)

こんにちは。 今日の福岡は湿度が高く曇り空です。 「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 植西聰 三笠書房の中から紹介します。 落ち込んだり、浮かれたり、気分の波が激しいときに 雨奇晴好 「雨奇晴好」の「奇」の字は、「めったに起こらない珍しく楽し…

禅の言葉「ちょっとした一言」

こんばんは。 良かれと思って行った言葉が、誤解される、そんな経験はありますか? 「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 植西聰さん(三笠書房) の中から、見つけた言葉を紹介します。 一言既に発すれば 駟馬も追い難し 「うかつに口に出してしまうと、…

禅の言葉「洗心」

おはようございます。 今日の福岡は曇り。昼から雨の予報です。 今日は「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉 植西聰さんの本(三笠書房)の中から紹介します。 ストレスやイライラを解消したいときに 「洗心」 口を開けば、グチや誰かの悪口ばかり言って…

禅の言葉から、「むなしくなったときに」

こんばんわ。 今日も暑かったですね。 仕事に家事に頑張っているのに、むなしく感じる時はありませんか? そんな時には、こんな風に考えると良いかもしれません。 途中に在って家舍を離れず 「途中」とは、「修行の途中」という意味。 「家舍」とは、「修行…

マンネリ化に飽き飽きしたら

こんにちは。 毎日同じことの繰り返しですが、災害などで被害を受けた時は、「毎日の繰り返しが当たり前でない」ことに気が付くそうです。 毎日が当たり前のように暮らせることに感謝して、 植西聰さんの本「いいことがいっぱい起こる!禅の言葉(三笠書房)…

植西聰さんの本から、「人生の宝物」

こんにちは。 今日も、「いいこと」がいっぱい起こる禅の言葉から紹介します。 我を生みしものは父母 我を成せし者は朋友 中国の春秋時代に、管仲(かんちゅう)という有能な宰相がいました。 管仲は貧しい家の生まれでしたが、人一倍努力を積み重ねて、一国…

植西聰さん本から、「才能」

こんにちは。 植西聰さんの本「いいこと」がいっぱい起こる!禅の言葉から紹介します。 「自分には特別な才能がない」と嘆きたくなったときに 松樹千年の翠(しょうじゅせんねんのみどり) 松という樹は、目立った花を咲かせることも、秋に紅葉することもあ…

禅の言葉「仏性」

こんばんは。 今日は植西聰さんの本「動じない心をつくる禅の言葉」から紹介します。 月は夜空に一つしかないが、あらゆる水の上に月影が映っている。 一月天にありて 影は衆水に印す 圜悟克勤(えんごこくごん)の語録 夜空に付きは一つしかありません。 し…

禅の言葉

「門より入る者は、これ家珍(かちん)にあらず」 意味はみんなのやる通りにやって、悟りを得られるわけがない。人真似をしたところで、その人のような生き方はできない。 成功者の人生を安易に真似たところで、自分も成功できるとは限りません。 自分の頭で…